福井県福井市でエステサロン・レディース脱毛・メンズ脱毛ならUNO>>>ichikara「お知らせ・コラム」ページ

ご予約はこちら

COLUMN
お知らせ・コラム

2021.12.02
コラム

脱毛が、医学的観点でも推進されている歴史的理由について

UNO>>>ichikarへのお問い合わせが、最も多いメニューは脱毛です。当店では、男性・女性を問わず、脱毛とは美しくなる上で、基本の施術であると考えています。これは私たちの見解だけではなく、来店いただくお客様の声・様々なメディアで目や耳にする情勢を参考にしてみても、同じことがいえるでしょう。脱毛効果とは、美しくなるためには欠かすことのできない大切な美容方法の一つであり、脱毛サービスは、多くの方にとって身近であるべきなのです。
今回のコラムシリーズでは、脱毛効果が必要とされる本来的な意義を、美容とは違った視点からもお伝えしたいと思います。「人はなぜ脱毛をするのだろう」この疑問を、体毛の歴史やその機能を辿ることで解明していきます。シリーズ1は、体毛の進化についてです。

【目次】
1.人はなぜ脱毛をするのか?効果の目的を考える
2.人はなぜ脱毛をするのか?体毛の進化について
3.今回のまとめ

人はなぜ脱毛をするのか?効果の目的を考える

現在では、脱毛が当たり前に多くの部位に推進される世の中になり、それは医療の分野でも例外ではありません。当店がお薦めするNPL脱毛方式、その他にも電気凝固やレーザー脱毛方式など、様々な技術の進化を遂げる度、有効な部位ごとの脱毛に関する論文が発表され、そして脱毛サービスは日々進化しているのです。しかしなぜ、「脱毛」という行為を文化的に広げる・脱毛の効果的な手法を促進する・脱毛による副作用を軽減することに、私たちは知恵や努力を結集させるのでしょうか?医学書専門出版社から刊行されたある脱毛の文献には、こう記されています。「体毛の退化(脱毛)とは、人類にとっての利益である」。広義な論点ではありますが、私たちには、脱毛というユニセックスな文化を、福井から発信していくという使命があります。古来体毛は、人間の生命活動に必要とされ進化を遂げました。そしていま、「美容脱毛」「介護脱毛」「衛生対策としての脱毛」と、体毛は退化をせまられているのです。

人はなぜ脱毛をするのか?体毛の進化について

脱毛を行うということは、その効果を出すことで自らが美しくなるためにはもちろんですが、その他にも介護脱毛や衛生対策の脱毛など、周囲の大切な人たちを慮る行動であると私たちは考えております。しかし元来体毛とは、環境からの防衛策として人間の進化を助ける機能を果たしていたのです。
有史以前ではありますが、地球に初めて宿された生命は、海中の魚類でした。魚類の体表は、体毛ではなくウロコと呼称されるハイドロキシアパタイトや、コラーゲンといった硬質な組織に覆われています。そして両生類や爬虫類もウロコに覆われていたのですが、水棲生物から、陸棲生物への割合が増していくにしたがって羽毛に進化していったといわれています。この羽毛がさらに進化したのが、私たちの体表部位に存在する「体毛」なのです。
羽毛や体毛は、紫外線から部位ごとに皮膚を守り、また寒暖差から体内の機能を守る大切な役割に代わります。そして地上に残る哺乳類のために、羽毛より外表面保護機能の優れた体毛へと進化したのです。

今回のまとめ

今回のコラムシリーズでは、脱毛サービス(脱毛効果)が世の中で推進されている、本質的な理由を解明していきます。脱毛とは真逆に位置していそうな「体毛の進化」とは、脱毛サービスが身近になることと、密接に関係しています。次回のコラムでは、体毛の機能とその退化についてお伝えしたいと思います。